忍者ブログ
ブログ移転しました!→ 知財部員を辞めた人のブログ < http://ume-patent.com > 社会人7年目の知財担当者がつづるブログです!2012年に大手メーカーの知財部からIT系企業の法務部に転職。知財担当者の日常や知財実務、書評、キャリアプラン等が主なネタ。
現在のページ
プロフィール
c302f6a6.jpg UME(管理人)

某IT系企業の知財担当者。
社会人7年目(2013年現在)。
学生時代に一念発起して、弁理士の勉強を開始し、翌年、見事合格!
さらに翌年、大手電気メーカーの知財部に就職し、特許権利化を約5年間担当。
2012年、新天地を目指して、IT系企業の法務部に転職!
このブログを通して、知財部員の生き様が垣間見えれば幸いです。

ご意見、ご感想、相互リンクの申し出などお気軽にご連絡下さい!
(なお、確認するまで時間がかかるおそれがあるので、直にブログにコメントして頂いた方が確実です。)
e-mail:tizaibunositappa■yahoo.co.jp
(■に@を入れて下さい)

twilog
広告
Twitter
日本ブログ村
下のボタンをクリックして応援してください!皆さんの清き一票が励みになります!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
最新コメント
[01/10 aloha]
[12/08 UME]
[11/24 aloha]
[11/20 UME]
[11/16 aloha]
[11/15 UME]
[11/15 UME]
[11/11 通行人]
[11/09 aloha]
[10/12 aloha]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
2017/08/16 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/02/11 (Thu)
先日書いた書評について、ちょっと引っ張ってみようと思います。
(個人的に非常に興味のあるトピックですので)

テーマは、「IV(インテレクチャル・ベンチャーズ)は何を目指しているか?」についてです。


IVは、投資家から集めた資金を基に、特許を収集し、それをライセンスアウトして収益を上げるというビジネスモデルをとっています。
特許収集については、細かく分けると、以下の3つの態様に分類されます。

・1号ファンド
(すでに権利化された特許を買い取る)

・2号ファンド
(IV内で発明・出願を行い、特許を取得する)

・3号ファンド
(大学等の研究機関と提携して出願・権利取得)


このうち、1号ファンドについては、巷のトロールや特許流通会社がやっているのと同じ方法で、特に目新しい特許取得の手法ではありません。

キーになるのは、2号ファンドです。
(3号ファンドの一部を含めてもいいかもしれません)
これは、IVが自ら特許生産能力を持っているということです。

前回もちらっと書きましたが、この特許生産能力こそが、IVが他の特許流通会社やトロールと一線を画す要素になっています。

しかも、IVはノーベル賞級の科学者を多数擁しています。
この高い発明能力を活かせば、技術動向を先読みして出願していくことも可能でしょう。
つまり、高度な先読み能力を駆使して、有望な技術分野に先回りして特許取得ができるわけです。
これは、1号ファンドのような、すでに権利化された特許を他から集めてくる方法では、難しいことです。

そして、もし、その先読みが尽く的中すれば・・・。

今後主要となる技術分野の特許ポートフォリオを、IVが独占するという可能性が出てきます。
そうすれば、企業が事業をするにあたって、IVからのライセンスを避けて通れない・・・。

そのとき、IVは特許を通じて世界を牛耳ることになるのです。
それは、最早トロールなど超越した存在であると言えるでしょう。
多くの専門家がIVに対して、得体の知れないイメージを抱いているのも、上記のようなシナリオの可能性を感じているからに他なりません。


まあ、もちろん、そう簡単に技術動向の先読みができるわけは無く、かなり実現性の低い話ではあります。

しかし、私はミアボルト氏はそれを本気で目指しているのではないかと思います。

もしそうだとすれば、とんでもなくスケールのでかい話じゃないですか!
う~ん、しびれる!
(まあ、企業の知財部員としては、呑気に感心してる場合じゃないんでしょうけど(笑))

今後もIVの動きについて、フォローしていこうと思います。

■関連
知財の利回り
死蔵特許
雲を掴め 富士通・IBM秘密交渉
雲の果てに 秘録 富士通・IBM訴訟
マルナゲ―企業特許の真実

知財の利回り
知財の利回り
posted with amazlet at 10.06.20
岸 宣仁
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183519
 
おすすめ度の平均: 4.0
4 インベンション・キャピタルは定着するのか?
 

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
世界標準の独占
>とんでもなくスケールのでかい話じゃないですか!
う~ん、しびれる!
たしかに、しびれますよねえ。

私は、3号ファンドも捨てたもんじゃないと思っています。理由は、次の通りです。

例えばブルーレイのような世界標準の場合、膨大な数の特許で覆い尽くされています。この膨大な特許を一企業のみで研究開発して出願するのは到底不可能なため、各企業がオープンイノベーションに踏み出し、連合を組んでイノベーション活動を行なっています。その結果、一企業のみがブルーレイの世界標準を独占することはできません。

しかし、IV門下の世界中の研究者や発明家が或るターゲットに集中してイノベーション活動に邁進し、その成果物である特許をIVが束ねれば、どのようなことになるでしょうか。IVという一企業のみで世界標準を独占することも、夢ではないのでは?

もしそうだとすれば、さらにとんでもなくスケールのでかい話じゃないですか!
う~ん、しびれすぎて恐いくらい!
futureeye URL 2010/02/11(Thu)13:10:17 編集
無題
>futureeyeさん

なるほど。
3号ファンドも組み合わせれば、世界標準の独占も不可能ではないということですね!
まさに、とんでもないスケールですね・・・。

そのとき、IVはオープンイノベーションのファシリテーターになるのか?
それとも、特許を通じて世界を牛耳ることになるのか?
興味深いところです。
UME 2010/02/12(Fri)07:46:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
インテレクチュアル・ベンチャーズ社のビジネスモデルは規制が必要(「知財の利回り」を読んで)
 知財の利回りという本を先月買いました。主にインテレクチュアル・ベンチャーズ社(
URL 2010/02/13(Sat)16:48:21
広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]