忍者ブログ
ブログ移転しました!→ 知財部員を辞めた人のブログ < http://ume-patent.com > 社会人7年目の知財担当者がつづるブログです!2012年に大手メーカーの知財部からIT系企業の法務部に転職。知財担当者の日常や知財実務、書評、キャリアプラン等が主なネタ。
現在のページ
プロフィール
c302f6a6.jpg UME(管理人)

某IT系企業の知財担当者。
社会人7年目(2013年現在)。
学生時代に一念発起して、弁理士の勉強を開始し、翌年、見事合格!
さらに翌年、大手電気メーカーの知財部に就職し、特許権利化を約5年間担当。
2012年、新天地を目指して、IT系企業の法務部に転職!
このブログを通して、知財部員の生き様が垣間見えれば幸いです。

ご意見、ご感想、相互リンクの申し出などお気軽にご連絡下さい!
(なお、確認するまで時間がかかるおそれがあるので、直にブログにコメントして頂いた方が確実です。)
e-mail:tizaibunositappa■yahoo.co.jp
(■に@を入れて下さい)

twilog
広告
Twitter
日本ブログ村
下のボタンをクリックして応援してください!皆さんの清き一票が励みになります!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
最新コメント
[01/10 aloha]
[12/08 UME]
[11/24 aloha]
[11/20 UME]
[11/16 aloha]
[11/15 UME]
[11/15 UME]
[11/11 通行人]
[11/09 aloha]
[10/12 aloha]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
2017/11/18 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/01/08 (Thu)

先日、会社の知人から相談を受けました。
それは、「今から弁理士試験の勉強を始めようか迷っているが、弁理士資格を取ることのリスクとリターンは何か?」というものです。
以下、私の考えを書いてみたいと思います。
(視点が企業の知財部員に偏っているので、あしからず・・・)

まず、資格を取ることのリターンについて。

真っ先に思い付くのが、自分で特許事務所を開ける事、出願の代理人を務めれること(特許業務で金が取れること)。
でも、これらは、企業にいる限りあまり意味がありません。
弁理士資格を持っているからといって、業務内容が変わるということはあまりないし、いきなり待遇が良くなるというわけでもないからです。
まあ、会社によっては、登録料を払ってくれたり、資格手当を出してくれたりするところもあるようですが。
(私の会社にはありません・・・)

ただ、企業を離れて、どこかに転職しようとした時には、割と役に立つと思います。
事務所への就職が有利になるし、小さ目の会社だと知財部の重要なポストに着けるかもしれません。
昨今のような不安定な時代には、自分の意に添わず会社にいられなくなる可能性もあるわけだから(クビ切りとか)、リスクヘッジとして資格を持っておく意義はあると思います。

もう一つ利点を挙げると、人脈形成に役立つということです。
資格があることで、プロのコミュニティーに入りやすくなります。
例えば、私は今、知財コンサルティングという関東経済産業省のプロジェクトに参加していますが、その参加者がそうそうたる面子です。
その中に、私みたいな経験の少ない若造が、弁理士資格があるという理由だけで入っていけるわけです。
だから、普通では知り合えないような人と知り合いになれるという利点があります。
そして、そこから得た人脈を使って、ガンガン上にのし上がって行く!
・・・なんてこともできるかもしれません。

まあ、そこまで大袈裟ではなくても、知財関係者の知り合いが作りやすくなるから、そこから得られる情報や刺激によってスキルアップが図れるということは十分言えるでしょう。

他にも法律の知識が身に付くとか、知財部内や開発への発言力が増すといったメリットもありますね。

弁理士資格習得に対するリスクについては、次回に譲りたいと思います。

弁理士資格を取る意義 代償編
弁理士資格を取る意義 結論編

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
資格
はじめまして!
”弁理士”に憧れていました。
弁理士であれば、技術のコーディネータのような仕事などもいいのではないですか?
もちろんこれは、組織から独立した場合ですが・・・・。

資格は、”保険”のようなもので、これと高収入は、別物ですね!
高収入の場合は、”ビジネス”素質のようなものが必要になると思います。

drug URL 2009/01/10(Sat)12:13:22 編集
無題
drugさん

コメントありがとうございます!

>資格は、”保険”のようなもので、これと高収入は、別物ですね!
>高収入の場合は、”ビジネス”素質のようなものが必要になると思います。

ほんと、その通りです。
資格さえ持っていればメシが食えるという時代は終わってますからね。
自分も、ビジネス感覚を養って、何かひと山当てたいなぁとか密かに思ってます(笑)
UME 2009/01/12(Mon)00:24:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]