忍者ブログ
ブログ移転しました!→ 知財部員を辞めた人のブログ < http://ume-patent.com > 社会人7年目の知財担当者がつづるブログです!2012年に大手メーカーの知財部からIT系企業の法務部に転職。知財担当者の日常や知財実務、書評、キャリアプラン等が主なネタ。
現在のページ
プロフィール
c302f6a6.jpg UME(管理人)

某IT系企業の知財担当者。
社会人7年目(2013年現在)。
学生時代に一念発起して、弁理士の勉強を開始し、翌年、見事合格!
さらに翌年、大手電気メーカーの知財部に就職し、特許権利化を約5年間担当。
2012年、新天地を目指して、IT系企業の法務部に転職!
このブログを通して、知財部員の生き様が垣間見えれば幸いです。

ご意見、ご感想、相互リンクの申し出などお気軽にご連絡下さい!
(なお、確認するまで時間がかかるおそれがあるので、直にブログにコメントして頂いた方が確実です。)
e-mail:tizaibunositappa■yahoo.co.jp
(■に@を入れて下さい)

twilog
広告
Twitter
日本ブログ村
下のボタンをクリックして応援してください!皆さんの清き一票が励みになります!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
最新コメント
[01/10 aloha]
[12/08 UME]
[11/24 aloha]
[11/20 UME]
[11/16 aloha]
[11/15 UME]
[11/15 UME]
[11/11 通行人]
[11/09 aloha]
[10/12 aloha]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
2017/08/16 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/20 (Sun)
今年の知財協の研修で、英文明細書の書き方というのを受講することにしました。
英文明細書の書き方は、人からオススメの講座だと聞いていたので、自分の英語力を省みず、勢いで申し込んだ次第です。

で、先日、その第1回目があり、講義についての説明があったのですが、

・受講生数名でグループを組まされる
・毎回(!)、明細書を英訳する宿題が出される
・宿題はグループ内で分担してやる(←つまり、サボると他の人に迷惑がかかる)
・数回に1回、宿題等を全員の前で発表する

ということをやるんだそうです。
(私は諸事情で欠席したので、人から聞きました)

うわぁ、これはガチだなぁ・・・。


というわけで、講義の本気っぷりに恐れをなして(笑)、この土日で宿題をやっていました。

しかし、これがなかなか思うようにできない!

一応、仕事でも補正クレームを英語で書いたりはしてますが、これは英作文というより英借文に近いかんじです。

一から英文を起こすというのに慣れていないので、まず、どの単語を使ったらいいのかというところから悩みます・・・。
(例えば、「製造方法」は、"process of manufacturing~"?、"process for producing~"?、それとも"method of the preparation of~"?)

あと、日本語は、往々にして主語や目的語が省かれているので、それをどうやって補うべきかというところも悩みますねぇ・・・。
(これでも、今回も宿題は、かなり翻訳し易い文章なんだと思われますが・・・。)

日頃、自分がどれだけ無茶な文章を翻訳してもらっているかが身にしみるところです。

まあ、これだけガチな講義なんだから、この講義が終わるころには、英文がさらさら書けるようになっているはず!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]