忍者ブログ
ブログ移転しました!→ 知財部員を辞めた人のブログ < http://ume-patent.com > 社会人7年目の知財担当者がつづるブログです!2012年に大手メーカーの知財部からIT系企業の法務部に転職。知財担当者の日常や知財実務、書評、キャリアプラン等が主なネタ。
現在のページ
プロフィール
c302f6a6.jpg UME(管理人)

某IT系企業の知財担当者。
社会人7年目(2013年現在)。
学生時代に一念発起して、弁理士の勉強を開始し、翌年、見事合格!
さらに翌年、大手電気メーカーの知財部に就職し、特許権利化を約5年間担当。
2012年、新天地を目指して、IT系企業の法務部に転職!
このブログを通して、知財部員の生き様が垣間見えれば幸いです。

ご意見、ご感想、相互リンクの申し出などお気軽にご連絡下さい!
(なお、確認するまで時間がかかるおそれがあるので、直にブログにコメントして頂いた方が確実です。)
e-mail:tizaibunositappa■yahoo.co.jp
(■に@を入れて下さい)

twilog
広告
Twitter
日本ブログ村
下のボタンをクリックして応援してください!皆さんの清き一票が励みになります!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
最新コメント
[01/10 aloha]
[12/08 UME]
[11/24 aloha]
[11/20 UME]
[11/16 aloha]
[11/15 UME]
[11/15 UME]
[11/11 通行人]
[11/09 aloha]
[10/12 aloha]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
2017/08/16 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/03 (Fri)
最近、自分の仕事内容について少し思い悩んでいます。
それは、今私がやってる業務の幅が狭いのではないかということです。

同じ知財部であっても、他の分野を担当している人は、出願戦略を考えたり訴訟対応があったりと、明細書作成以外にも色々な業務を経験しています。
一方、私が担当している事業分野は、他社と技術の住み分けがはっきりしているため、訴訟はほとんどありません。
また、ある程度特許網ができあがってしまっているので出願戦略を考える余地もほとんど無く、ひたすら明細書作成と拒絶理由通知対応をこなしているだけというかんじです。

この経験の違いが、実務家としてのキャリアを築く上で、大きなハンデになるんじゃないかと思ってしまうんです。


まあ、実際に訴訟とかをされてる方からすれば、「ふざけるな、そんな気楽にやりたいって言えるほど楽なもんじゃない」ってかんじなんでしょうけどね。
ましてや、まともに権利化もやってないような若造がそんなことを言うなどおこがましい、と言われればその通りなのですが・・・。

しかし、今の業務をひたすら続けていると、いつかは行き詰ってしまう予感があります。
とりあえず、今やってることがモノになるまでは、つべこべ言わずにやるべきなんですかねぇ・・・。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
無題
狭い仕事の代表として、プロの将棋士があります。領域が狭いので2~3年もすればすぐに行き詰まるのかといえば、実際は何十年やっても征服できない底なしの世界です。
しかも、「名人の域に達した人は、他のことをやっても応用がきく」ということを、聞いたことがあります。

よく知りませんが、明細書作成と拒絶理由通知対応も、これと同じではと思うのですが…
futureeye URL 2008/10/04(Sat)09:13:09 編集
無題
管理人さんの普段の仕事ぶりを知らないので、適当な事は言えませんが、とりあえずコメントします。

私の感想は、「たかが2年やったくらいでつべこべ言わずにやるべき」という事と、「2年で閉塞感を感じるくらい仕事に精力を集中してきたならば大したもの」という事です。

まあ、出願・権利化の仕事をしている人は、大体みんな同じような事を感じる時期はあると思いますけどね。

そういう私は4年目くらいで同じような事を感じて、5年半くらいで別の会社に転職しましたけど。
NONAME 2008/10/04(Sat)16:27:18 編集
無題
貴重なご意見頂き、ありがとうございます!

>futureeye様

おっしゃる通り、明細書作成は果てしなく奥が深いという話をよく聞きます。
そして、確かに今組織で上にいる方は例外なく権利化をしっかりやってたんですよね。
こういうことを考えると、やっぱり自分は生き急ぎ過ぎだという気がしてきました。

>NONAME様

>「たかが2年やったくらいでつべこべ言わずにやるべき」という事と、「2年で閉塞感を感じるくらい仕事に精力を集中してきたならば大したもの」という事です。

大変含蓄のあるお言葉です。
確かに今の時点でつべこべ言うべきでは無いですね。
ましてや、精力的に仕事をこなしてきたというわけでもないし。
本当にやり切ったと思えるまでがんばってみようと思います!
UME(管理人) 2008/10/04(Sat)23:19:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]