忍者ブログ
ブログ移転しました!→ 知財部員を辞めた人のブログ < http://ume-patent.com > 社会人7年目の知財担当者がつづるブログです!2012年に大手メーカーの知財部からIT系企業の法務部に転職。知財担当者の日常や知財実務、書評、キャリアプラン等が主なネタ。
現在のページ
プロフィール
c302f6a6.jpg UME(管理人)

某IT系企業の知財担当者。
社会人7年目(2013年現在)。
学生時代に一念発起して、弁理士の勉強を開始し、翌年、見事合格!
さらに翌年、大手電気メーカーの知財部に就職し、特許権利化を約5年間担当。
2012年、新天地を目指して、IT系企業の法務部に転職!
このブログを通して、知財部員の生き様が垣間見えれば幸いです。

ご意見、ご感想、相互リンクの申し出などお気軽にご連絡下さい!
(なお、確認するまで時間がかかるおそれがあるので、直にブログにコメントして頂いた方が確実です。)
e-mail:tizaibunositappa■yahoo.co.jp
(■に@を入れて下さい)

twilog
広告
Twitter
日本ブログ村
下のボタンをクリックして応援してください!皆さんの清き一票が励みになります!

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
最新コメント
[01/10 aloha]
[12/08 UME]
[11/24 aloha]
[11/20 UME]
[11/16 aloha]
[11/15 UME]
[11/15 UME]
[11/11 通行人]
[11/09 aloha]
[10/12 aloha]
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
2017/08/24 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/09/29 (Mon)
土曜日は第二回目の知財戦略コンサルの講義がありました。
今回の内容は、特許の価値をどう評価するかについて。
講義の後半では、グループワークで実際の登録特許を評価しました。
大勢でわいわい言いながら、その特許の技術的な価値や事業に対する貢献度などを議論するのは楽しかったです。

しかし、当然ながら特許を評価するのは難しいですね。
今回やったのは簡易な評価でしたが、それでも評価に迷うような項目がいくつかありました。
ちなみにちゃんとした評価をしようと思ったら、一月くらいみっちりつめないとできないそう。


この知財戦略コンサルの講座のメインは、受講生がグループを組んで実際の中小企業にコンサルティングをしに行くというものです。
講義の後、グループごとに集まってミーティングがありました。

その中で、この研修の心構えについて、講師の方のお話を頂きました。
一番印象に残ったのが、「無理に自分の専門外のことをするのではなく、他の分野の専門家はどういうことができるかを知り、彼らをどう使っていけばいいかを学ぶべきだ」ということです。
やはり、そういうやり方が一番効率がいいし、チームとして最大の力が発揮できる、と言われてなるほどなぁと思いました。
肝に銘じておこうと思います。

私達が支援する企業について、各自が行った事前調査を発表しました。
私は、特許の出願状況や取得状況を調べたのですが、人によって色々違っていておもしろかったです。
他の人は、財務状態を調べて資金調達について検討していたり、企業がどういうステージにあってどういう支援をするのがいいのか考えたり、大学から企業への技術移転の現状を話されていたりと、私がとうてい考え付けないような視点を持っていました。

私のグループは、メンバーがかなりバラエティーに富んでいて非常に刺激的です。
知財の専門家として、なんとかチームに貢献できるようがんばりたいです!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]